PMSにピルは効かない?

ピルの前に試すべき有効成分は?

 

PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

 

生理前のPMS(月経前症候群)の
症状がつらすぎて・・・

 

 

婦人科を受診したら
PMS治療に保険適用されるピルを
勧められた。

 

 

でも正直、
ピルって人工的の女性ホルモンで
体に対して強い影響あるって聞くし
厚生労働省から注意喚起されている
血栓症の死亡例の話も怖い。。

 

 

やっぱりPMS(月経前症候群)を
改善したかったらピルを飲まないと
ダメなんだよね?

 

 

PMS治療用のピルを処方されて
そんな風に迷ってしまう女性も
多いんですよね?

 

 

そこで、
生理前の(月経前症候群)のPMS治療に
処方されるピルとそれを服用する前に
試すべき有効成分について詳しくお伝えします。

 

 

ピルはPMS改善の特効薬??

 

 

PMS(月経前症候群)の治療目的で
産婦人科などを受診するとまず最初に
PMS治療用のピルをすすめられることが多いです。

 

 

PMS治療に保険適用されるピルは

 

☆ヤーズ
☆ヤーズフレックス
☆ルナベルLD
☆ルナベルULD
☆フリウェルLD

 

この5種類です。

 

 

ここで多くの女性が、
「低用量ピル=PMSの特効薬」
という誤解してしまいがちです。

 

 

まあ、
インフルエンザで病院を受診すれば
特効薬のタミフルを処方されて、
すぐに効果を実感したなどの経験を
持つ方が多いからでしょうが・・・

 

 

でも実際には、
「低用量ピル=PMSの特効薬」では
ありません。

 

 

PMS治療用ピルには
すべての女性のPMS(月経前症候群)を
改善する効果は認められていません。

 

 

え?
じゃあどうしてPMS治療に
ピルが多く利用されるの??

 

 

って疑問に思いますよね??

 

それは、
PMS(月経前症候群)の原因やメカニズムに
深い関わ理があるんです。

 

 

PMS(月経前症候群)の原因やメカニズムって??

 

実は、
PMS(月経前症候群)の原因や
メカニズムってまだはっきりとは解明
されていない病気なんです。

 

 

ですので、
すべての女性のPMS(月経前症候群)を
改善できる特効薬は存在していません。

 

 

しかし、
PMS(月経前症候群)に困って
婦人科を受診する女性がいれば
医師は対処しなければなりません。

 

 

そこで、
一部の女性のPMS(月経前症候群)に
改善効果が認められた低用量ピルを
大多数の女性に処方しようとします。

 

 

PMS(月経前症候群)というのは
月経つまり生理の前のつらい症状ですので
月経をコントロールしている女性ホルモンを
制御して月経をストップさせる低用量ピルの
処方は理にかなっていると感じますが・・・

 

 

残念ながら、
すべての女性のPMS(月経前症候群)を
改善する事はできません。

 

 

さらに、PMS治療用ピルは
PMSに効くか効かないか分からない薬ですが・・・

 

 

低用量ピルの体への影響は強く、
継続して服用しなければならないので
解毒する肝臓などに強い負担をかけます。

 

 

さらに、
こういったPMS改善用に認可されている
低用量ピルには血栓症など重篤な副作用による
死亡例も複数報告があるんです。

 

※厚生労働省から注意喚起のブルーレターが
 公布されています。

 

 

低用量ピルがPMSの特効薬であったり
軽い副作用なら多少のリスクは受け入れるけど・・・

 

 

効くか効かないかわからない、
死亡事故も多数報告されている
薬を飲むのってやっぱり迷ってしまう。。。

 

 

PMS(月経前症候群)治療用ピルの
現状を詳しく知れば知るほど
不安が深まってしますよね!?

 

 

それに、
やっぱりどうしてお医者さんは、
PMS治療用のピルを処方したがるのか
理解できない。。。

 

 

って感じるのではないでしょうか??

 

 

医師が治療用ピルを処方したがるホントの理由

 

 

医師がPMS(月経前症候群)治療に
低用量ピルを処方したがる本当の
理由とは・・・

 

 

薬を処方すればするほど、
病院が儲かるからです!!

 

 

一般にはあまり知られていませんが、
病院などの医療機関では薬を薬価よりも
安い値段で買っています。

 

 

まあこれは、
一般消費者が定価で購入しないのと
同じです。

 

 

でもここからが違っていて、
病院は製薬会社から安く仕入れた薬を
患者に定価の薬価で販売する事ができます。

 

つまり、
仕入れ値と売値の間に「薬価差益」
と呼ばれる利益が発生します。

 

 

この利益=儲けは、
最大40%程度にもなり病院の
大きな収入源でもあります。

 

 

さらに、
製薬会社が売りたがっている薬であれば
もっと利益率を上乗せしたりする事も
あります。

 

 

ですので、
効くか効かないかわからない
副作用で死亡例の報告もある薬を
処方したがるんです。

 

 

ですので、
医師のすすめだけで低用量ピルを
服用するのではなく・・・

 

 

自分できちんと考えて
服用するかを決めましょう!!

 

 

ピルの前に推奨される有効成分がある!?

 

 

そしてまた、
PMS(月経前症候群)の研究の先進国である
イギリスのPMS改善ガイドラインでは・・・

 

 

体に対して負担の大きい低用量ピルや
向精神薬の服用の前に、
体に負担の少ない有効成分の摂取を
推奨しています。

 

PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

 

実際的にPMS(月経前症候群)の
改善効果を認められている成分としては・・・

 

 

☆ビタミンB6(ビタミンB群)

 

☆必須ミネラル類

 

☆「チェストベリー
(チェストツリー)

 

☆エクオール(大豆イソフラボン)

 

☆セントジョーンズワート

 

 

これらの有効成分が、
薬物療法の前に
摂取する事を推奨されています。

 

 

その中でもおすすめなのは、
エクオールという有効成分です。

 

 

PMSは30代中期症候群とも言うように、
この女性ホルモンの減少が深く
関わっていると考えられています。

 

 

女性ホルモンの一種エストロゲンは
別名美女ホルモンと呼ばれ、
30だ歳頃をピークに減少してしまう
女性ホルモンです。

 

このエクオールは、
エストロゲンという女性ホルモンを補う
効果が認められています。

 

 

ですので、
PMS(月経前症候群)を改善したいと
考えている女性にまず試してほしいのが
「エクオール」という有効成分です。

 

 

また、
このエクオール製品はたくさんありますが・・・

 

 

その中でも、
婦人科専門医と共同開発した
AMC社「エクオール+ラクトビオン酸」が
おすすめです。

 

というのも、
エクオールの1日の有効量は10rですが
きちんとこの基準を満たす製品って
とても少ないんです。

 

さらに、
パッケージにエクオールと記載がある
製品でもエクオールを含有していない
製品まであるんです。
(ノスダムのエクオールという製品です)

 

 

そういった中に合って、
この「エクオール+ラクトビオン酸」は、
本物のエクオール10r配合している
効果の高いエクオール製品です。

 

 

さらに、
エクオールの生成吸収率をUPさせる
「ラクトビオン酸」も配合しているので
効果をすぐに実感したいなら・・・

 

 

AMC社
エクオール+ラクトビオン酸」がおすすめですよ!