PMSにピルは効かない?

生理前の下痢や吐き気の原因は?

 

 

生理 前 下痢 吐き気,PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

 

生理が近づいてくると・・・

 

 

なんだがお腹がグルグルして
お腹の調子が悪くなる。。。

 

 

吐き気やひどい下痢症状が続いて
食あたり!?

 

 

って思っていたら
生理が始まって・・・

 

 

毎月、
生理前になるとこんな症状が
でるんだけど。。。これって私だけ??

 

 

そんな風に疑問に思っている女性って
意外と多いんですよ!

 

 

そこで、
生理前の下痢や吐き気症状について
詳しくお伝えします!!

 

 

生理前の時期の吐き気や下痢はPMS

 

生理前になると、
便秘・下痢や吐き気などの
胃腸症状に悩まされる・・・

 

 

こういった症状は、
生理前のPMS(月経前症候群)の
可能性があります。

 

 

というのもこの生理前の
下痢や吐き気などの胃腸症状は
PMS(月経前症候群)の原因のひとつである
女性ホルモンの乱れと関連性があるんです。

 

 

この生理前の下痢や吐き気を
起こしているのは・・・

 

 

プロスタグランジンF2α
プロスタグランジンE2という、
痛みや炎症・子宮収縮を起こす
物質の作用であると考えられています。

 

 

このプロスタグランジンが、
生理前に多く分泌される女性ホルモン
黄体ホルモン(プロゲステロン)の働きによって
子宮内膜の中に増えます。

 

 

そうすると、
子宮の痛みや炎症収縮だけではなく
その周囲の臓器である胃や腸にも影響を
及ぼして・・・

 

 

胃痛や吐き気、
腸の過敏・下痢などを
引き起こしてしまうんです。

 

 

また、
子宮内膜にこのプロスタグランジン
多く含まれている女性は生理痛など
月経困難症の症状が強く出るという
報告もあるそうです。

 

 

ですので、
生理前に吐き気や下痢などの症状で
悩んでいる方はまずはこのプロスタグランジン量を
減らすことが重要です。

 

 

ではどうすればこのプロスタグランジン量を
減らすことができるのかというと・・・

 

 

このプロスタグランジン量を
コントロールする働きを持っているのが
女性ホルモンの一種である黄体ホルモン
なんです。

 

 

この黄体ホルモン(プロゲステロン)
生理前に分泌量が増えるホルモンであり
PMS(月経前症候群)に最も深く関わりの有る
女性ホルモンであると言われています。

 

 

ですので、
この黄体ホルモンをコントロールする事で
プロスタグランジン量を減らしPMS症状を
軽減する事ができると考えられます。

 

 

この黄体ホルモン量をコントロールする
有効成分として知られているのが、
チェストベリー」です。

 

 

この「チェストベリー」は、
厚生労働省でPMS改善の有効性と
安全性を認められた医薬品の主成分でも
あるんです。

 

そしてその医薬品と同量のチェストベリー40r
配合しているPMS改善薬が「ルナベリー」です。

 

 

この「ルナベリー」は、
処方箋ナシで初回500円(送料・税込み)で
通販から購入できるPMS改善薬です。

 

お医者さんに毎月通う時間が無い・・・
という女性にもうれしいですよね(^^♪

 

また「ルナベリー」は
全額返金保証制度も利用できますので
万が一体質に合わなかったり、
効果を実感できなくても損はしません。

 

 

生理前のつらい下痢や吐き気の症状に
悩んでいる女性にはおすすめです。