PMSにピルは効かない?

生理前のちくびの痛みはいつまで続く?

 

生理前 ちくび痛い いつまで,PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

 

生理前になると・・・

 

 

急に乳首が敏感になって
下着と擦れて痛い!!(>_<)

 

 

生理前の乳房の胸の張りって
よく聞くけれど・・・

 

 

生理前の「乳首」の痛みって
あまり聞いた事が無いし?

 

 

これって私だけの悩みなのかな??

 

 

そんな風に不安に思っている女性も
多いんですよね?

 

 

そこで、
生理前のちくび痛みについて
詳しく調べてみました!!

 

 

生理前の乳首の痛みって??

 

 

こういった生理前の乳房や乳首の
症状は・・・

 

 

生理前に多く分泌される女性ホルモン
黄体ホルモンの作用による場合が
多いです。

 

 

そして、
こういった生理前の困った症状を
PMS(月経前症候群)と言います。

 

 

PMS(月経前症候群)は、
月経のある女性の80%が経験する
一般的な婦人科疾患です。

 

 

このPMS(月経前症候群)の症状は
代表的なものだけでも200以上の
症状が報告されています。

 

 

ですので、
「生理前にこんな症状が出るの私だけ?」
って思っていても・・・

 

 

意外と、
PMS(月経前症候群)の症状として
認定されているものも多いんですよ!

 

 

生理前のちくびの痛みの原因は?

 

 

意外と知られていないのですが・・・

 

 

乳首って、
普通の皮膚とは違うって
知っていましたか??

 

 

毛穴や皮脂腺などもあり
分類としては皮膚なんですが・・・

 

 

外部の刺激に大きく伸び縮みして
敏感な部位です。

 

 

皮膚と粘膜の中間のような
機能があります。

 

 

女性が妊娠すると、
女性ホルモンの働きによって
乳首にも変化が現れます。

 

 

赤ちゃんが吸いやすいように
目立つ色に変化し、
柔らかく伸びやすくなります。

 

 

しかしこの変化によって
下着の擦れなどの快適な刺激に
弱くなってしまいます。

 

 

実は、
こういった妊娠に備える変化って
生理前の時期にも起こっているって
ご存知でしたか??

 

 

排卵後から分泌される女性ホルモンの
働きによって妊娠の準備がすでに
はじまっています。

 

 

そして妊娠しなかった場合は、
女性ホルモンの分泌量の低下に伴って
こういった変化は元に戻ります。

 

 

そしてまた、
こういった生理前に分泌量の増える
女性ホルモンが乱れている女性は
生理前の困った症状が出やすいと
言われています。

 

 

ですので、
生理前のPMS症状に困っているという女性は
こういった女性ホルモンの乱れを改善する事が
重要です!