PMSにピルは効かない?

PMS治療に卵巣摘出は有効か?

 

PMS 卵巣摘出,PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

生理前のPMS(月経前症候群)が
強烈につらすぎて・・・

 

このままじゃ人生がダメになって
しまう!!

 

低用量ピルや向精神薬
漢方薬など様々な方法を
試してみたけれど・・・

 

 

全然改善しない!!

 

 

どんな方法でも良いから
PMS(月経前症候群)を改善
できる方法は無いの!?

 

 

ってお医者さんに聞いたら
「最終手段として
卵巣や子宮の摘出があります」
って言われた・・・

 

 

PMS改善に卵巣摘出が有効?

 

 

生理前のPMS(月経前症候群)や
PMDD(月経前不快気分障害)などが
あまりにもひどく日常生活に支障が出る
場合・・・

 

 

最終的な治療として、
卵巣や子宮を摘出するという
方法があります。

 

 

じゃあ、
どれだけひどいPMSに悩んでいても・・・

 

 

最終的に卵巣や子宮を摘出すれば
PMS(月経前症候群)を改善
できるんだよね??

 

 

って思うかもしれませんが。。。

 

 

卵巣や子宮摘出による、
すべてのPMS(月経前症候群)が
改善する効果には疑問が残ります。

 

 

というのも、
卵巣や子宮を摘出する事によって
PMS(月経前症候群)が改善する
メカニズムというのが・・・

 

 

卵巣から分泌される
女性ホルモンをストップし、
それに伴い排卵・月経も
起こらなくする事で
PMSを改善するというものです。

 

 

しかし、
この理論で行けば・・・

 

 

低用量ピルなどで
卵巣の機能をストップする事で
同じ効果が得られるはずなんです。

 

 

しかし、
低用量ピルではすべての女性の
PMS(月経前症候群)を改善する
効果はありません。

 

 

ですので、
卵巣や子宮を摘出すれば
PMS(月経前症候群)が絶対に
改善するとは言えないんです!!

 

 

 

卵巣摘出で短命になるリスクが!?

 

さらに、
卵巣を摘出してしまう事によって
女性ホルモンが減少してしまう事で
短命になってしまう危険性もあるんです。

 

 

というのも、
卵巣などから分泌される女性ホルモン
エストロゲンは・・・

 

 

抗酸化作用・アンチエイジング作用
抗動脈硬化・骨粗鬆症予防など
様々な作用があることが知られています。

 

 

そして女性が男性より長命なのは
この女性ホルモンエストロゲンの
作用ではないかともいわれています。

 

 

これらの理由から、
日本国内ではPMS改善に
卵巣や子宮を摘出するという治療は
おこなわれる事は基本的にありません。

 

 

これは一部アメリカなどでは、
おこなわれている治療のようです。

 

 

アンジェリーナジョリーが
乳がんや卵巣・卵管のがんにかかるリスクを
排除する為に健康な乳腺と卵巣・卵管を
切除したという事もありましたよね??

 

 

まあ、
そういったお国柄なんでしょうね...

 

 

 

結論を言えば、
PMS(月経前症候群)改善に
卵巣摘出はお勧めできません!

 

 

 

そして、
PMSひどいPMS改善には
エクオール+ラクトビオン酸」が
おすすめです。

 

 

PMS改善にエクオール

 

 

わたし自身長年ひどい
PMS症状に悩んできました。

 

 

そして、
PMS改善する為に
低用量ピルや向精神薬など
さまざまなPMS改善法を試して
みましたが・・・

 

 

全く改善しませんでした!!

 

 

そこで、
あきらめかけたときに出逢ったのが
AMC社「エクオール+ラクトビオン酸」です。

 

 

このAMC社
エクオール+ラクトビオン酸」は
エクオール研究の第一人者の医師と
共同開発した製品ですので
高い改善効果を期待できます!!

 

 

ですので、
私のようにピルでも改善しない
ひどいPMSに悩んでいる女性は・・・

 

 

ぜひこのAMC社の
エクオール+ラクトビオン酸」を
おすすめします!!