PMSにピルは効かない?

PMS改善に処方されるピルの種類は?

 

PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

以前、
PMS(月経前症候群)に効く
低用量ピルっていうのを試して
みた事もあるけれど・・・

 

むくみや吐き気副作用で
服用を中止してしまった。。。

 

それを看護婦の友達に話したら、
PMS改善処方されるピルには
何種類か種類があるよ〜」って
教えてもらったんだけど・・・・

 

 

正直、
ピルって種類によってそんなに
違いがあるの?

 

副作用が無いピルって
あるの??

 

 

そんなに疑問に思っている女性も
多いのではないでしょうか??

 

 

そこで、
生理前のPMS(月経前症候群)改善に
利用される低用量ピルの種類について詳しく
お伝えさせていただきます。

 

 

 

PMS治療に保険適用される低用量ピル

 

 

そもそもまずピルには、
大きく2つの種類に分ける事ができます。

 

1つ目は、
避妊のために自費で購入する
避妊用ピルをOC(Oral contraceptive)
と言います。

 

 

そして2つ目は、
PMS(月経前症候群)などの
月経困難症の改善目的で
保険で処方される治療用ピルで
LEP(Low dose estrogen-progestin)と
言います。

 

 

でも実際にこの2つには、
成分や用量に大きな差異はありません。

 

つまり、
目的が避妊なのかPMS治療なのかと
言うだけなんです。

 

 

でも、避妊目的で婦人科を受診して
処方してもらえば薬代は全額自己負担となり、
治療目的で処方してもらえば保険適用されて
自己負担が少なく処方してもらえます。

 

 

PMS治療用の低用量ピルの成分は?

 

こういった低用量ピルに含まれる成分は
人工的な黄体ホルモンと卵胞ホルモンです。

 

 

具体的に言えば・・・

 

卵胞ホルモン(プロゲステロン)
エチニルエストラジオール

 

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)
第1世代 ノルエチステロン
第2世代 レボノルゲストレル
第3世代  デソゲストレル
第4世代 ドロスピレノン

 

 

例外的に、
卵胞ホルモンの副作用を
抑えるために卵胞ホルモンを配合しない
ミニピルというものも存在しますが
日本の医療機関での取り扱いはほとんどありません。。

 

 

この、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの
組み合わせや配合量によって作用や効果が
変わります。

 

 

ですので、
ひとつのピルが合わなかった場合は
また別種類ののピルを試してみる事を
産婦人科でも勧められます。

 

 

でも、こういった低用量ピルに含まれる
副作用には卵胞ホルモン由来のものも多く
その場合はピルの種類を変更しても
避ける事はできません。

 

そしてまた、肝機能等に対する
体への負担もどのピルであっても
避ける事はできません。

 

そういった点にも留意しながら
PMS治療用の低用量ピルを
選んでゆきましょう。

 

 

PMS治療に保険適用されるピルの種類は?

 

 

では具体的に、
PMS治療に保険適用される低用量ピルの
種類についてご紹介します。

 

 

PMS治療に保険適用されるピルは

 

☆ヤーズ
☆ヤーズフレックス
☆ルナベルLD
☆ルナベルULD
☆フリウェルLD

 

 

この6種類ですが、フリウェルLD・フリウェルULDは
ルナベルLD・ルナベルULDのジェネリック
医薬品です。

 

 

 

☆ヤーズ

 

ヤーズはPMS(月経前症候群)改善の
低用量ピルとしては一般的に利用される
低用量ピルです。

 

ヤーズの最大の特徴は、
配合されている黄体ホルモンにあります。

 

ヤーズに配合されている黄体ホルモンは、
第4世代の黄体ホルモン「ドロスピレノン」と
呼ばれる最新の成分で作用がとても強い分、
用量自体がごくわずかで済みます。

 

このため超低用量と呼ばれますが、
薬効自体は普通の低用量〜中用量ピルと
同程度です。

 

またこの「ドロスピレノン」には、
むくみなどの副作用が少なく
ニキビを改善する効果も認められています。

 

しかし、
このヤーズを服用した20代〜40代女性に
重藤な副作用である血栓症で複数の
死亡例が報告されています。

 

 

☆ヤーズフレックス

 

ヤーズフレックスは、
ヤーズと同じ成分を配合した
超低量ピルです。

 

ヤーズとの違いは、
28日周期のうち4日間取らなければ
ならなかった休薬期間を・・・

 

最大120日間まで取らずに
服薬を続ける事ができる点です。

 

これにより、
途中の休薬機関の不調や消退出血の
回数や時期を自分の都合に合わせて
コントロールする事が可能になります。

 

また最大3周期分のお薬を
一度に処方してもらえるので、
通院などの負担が減ります。

 

ただ、
副作用に関してもヤーズと
同じようなリスクがあります。

 

通院回数の減少でさらにリスクは
上昇してしまうのではないかという
懸念もありますよね?

 

 

☆ルナベルLD

 

ルナベルは、
経口避妊薬「オーソM-21」と
まったく同じ成分を配合している
治療用の低用量ピルです。

 

 

ルナベルに配合されている
黄体ホルモンは第1世代の
「ノルエチステロン」と呼ばれるものです。

 

 

「ノルエチステロン」には長い歴史があり、
臨床データも豊富ですので安全性に
いちばん定評がある黄体ホルモンです。

 

ただ、
「ノルエチステロン」は薬効作用が弱く
薬品の配合量は多めになります。

 

 

また、「ノルエチステロン」には
むくみ、体重増加、吐き気や嘔吐、
乳房の張りや痛み、頭痛などの
副作用が出やすい傾向にあります。

 

昔のピルで、
強い副作用を感じた・・・

 

という女性は避けたほうが良い
ピルです。

 

☆ルナベルULD

 

「ルナベルULD」は、
「ルナベルLD」に配合されている
卵胞ホルモンの量が2/3であり
副作用が比較的抑えられる
低用量ピルです。

 

 

☆フリウェルLD

 

「フリウェルLD」は「ルナベルLD」の
ジェネリック医薬品です。

 

保険適用される低用量ピルのなかで
価格的には一番安いです。

 

ただ、
低用量ピルの選択を間違えると
健康を害したり最悪生死にかかわる
自体になる可能性もありますので、
価格が安いというだけで判断しない事が
重要です。

 

 

☆フリウェルULD

 

「フリウェルULD」は「ルナベルULD」の
ジェネリック医薬品です。

 

こちらも価格が抑えられている製品ですが
コストだけではなく総合的に判断して
ゆきましょう。

 

 

 

低用量ピルはPMS改善しない!?

 

さらに、
PMS(月経前症候群)治療に
低用量ピルを服用しても効果を実感
できない・・・

 

 

そういった女性も
実は結構多いんです。

 

というのも、
PMS(月経前症候群)治療に認可された
ピルであってもすべての女性のPMS
改善する効果は実証されていないんです。

 

 

ですので、
PMS(月経前症候群)改善の為に
婦人科を受診したら低用量ピルの服用を
勧められた・・・

 

 

という場合にも、
体に対しての大きな負担や副作用がある
低用量ピルを服用するかの最終的な判断は
ご自身で行いましょう!!

 

 

※自己判断で海外サイトから購入して
服用するのは絶対にNGです!!