PMSにピルは効かない?

加齢はPMS(月経前症候群)を悪化させる!?

 

PMS 悪化 原因,PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

 

若いころには、
生理前の時期に不調なんて感じた
事ってなかったのに・・・

 

 

なんだか年々、
生理前のPMS(月経前症候群)の症状が
ひどくなってきている。。

 

 

これって私だけなのかな?

 

 

そんな風に疑問に思っている
女性も多いのではないでしょうか??

 

 

生理前のPMSと年齢は関連がある?

 

 

実は・・・

 

 

生理前のPMS(月経前症候群)は
年齢とともに悪化してしまう病気なんです!!

 

 

というのも、
生理前のPMS(月経前症候群)と
深いかかわりがあるのが、
年齢とともに減少してしまう
女性ホルモンです。

 

 

この女性ホルモンの一種である
エストロゲン(卵胞ホルモン)は
30歳頃をピークに減少してゆきます、

 

 

そして、
PMS(月経前症候群)の別名は
「30代中期症候群」とも言われます。

 

 

つまりこのエストロゲンという女性ホルモンの
減少とPMS(月経前症候群)には、
関連性があると考えられているんです。

 

 

でも、
30代中期症候群っていうくらいなら
40代や50代になれば治るんじゃない?

 

 

って思うかもしれませんが・・・

 

 

こういった生理前のPMS(月経前症候群)の
症状に悩んでいる女性がそのまま行くと・・・

 

 

大体がひどい更年期障害に悩まされて
しまうそうなんです。

 

 

また、
PMSよりも更年期障害の方が
認知度も高いですので、
40代以降の女性の不調は更年期として
片づけられてしまいます。

 

 

ですので、
30代でPMS(月経前症候群)の症状が
ある女性は40代・50代になると・・・

 

 

どんどん症状が悪化してしまう
可能性が高いんです!!

 

 

ですので、
こういったPMS(月経前症候群)の
悪化を防ぐためには・・・

 

 

30代をピークに減少してしまう
エストロゲン(卵胞ホルモン)を
外側から補ってあげる事が有効な
改善方法なんです!!

 

 

エストロゲンを外側から補うには?

 

 

でもエストロゲンを補うなんて
どうやったらいいの??

 

 

そんな風に疑問に思いますよね??

 

 

そこでおすすめなのが、
更年期障害の研究によって
開発された最新成分
エクオール+ラクトビオン酸
という製品です。

 

 

この「エクオール+ラクトビオン酸」は
食品由来の成分でエストロゲンを
効果的に補ってくれます。

 

 

更年期障害の専門医と
共同開発した製品ですので
安心安全なのもおすすめポイントです。

 

 

ですのでm年齢を重ねるごとに
生理前のPMS(月経前症候群)の症状が
辛くなってきた・・・

 

 

という女性には、
AMC社「エクオール+ラクトビオン酸」が
おすすめですよ♪