PMSにピルは効かない?

PMS改善に処方されるピルの成分とは?

 

 

PMS ピル 成分,PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,
PMS改善に処方される
低用量ピルには種類があるって
聞いたけれど・・・

 

 

実際に、
PMS改善に処方される低用量ピルの
成分ってどうなの?

 

 

成分によってそこまで効果が違うの?

 

 

そんな風に疑問に思っている女性も
多いのではないでしょうか??

 

 

そこで、
生理前のPMS改善に処方される
低用量ピルの成分について詳しくお伝え
させていただきます。

 

 

PMS治療に処方されるピルとは?

 

 

婦人科で処方されるピルには
大きく2つの種類が存在します。

 

 

1つは避妊のために自費で購入する
避妊用ピルをOC(Oral contraceptive)

 

 

もう一つは、
PMS(月経前症候群)などの
月経困難症の改善目的で
保険で処方される治療用ピルを
LEP(Low dose estrogen-progestin)

 

 

でもこのOCとLEPには
成分上に大きな違いはありません。

 

 

同じ成分の低用量ピルでも、
何を目的に服用するのかによって
自費なのか保険適用なのかが
変わってきます。

 

 

これらの低用量ピルには
2種類の有効成分が
配合されていることが多いです。

 

具体的には・・・

 

卵胞ホルモン(プロゲステロン)
エチニルエストラジオール

 

 

黄体ホルモン(プロゲステロン)
第1世代 ノルエチステロン
第2世代 レボノルゲストレル
第3世代  デソゲストレル
第4世代 ドロスピレノン

 

低用量ピルの有効成分は、
卵胞ホルモン+黄体ホルモンが基本です。

 

ただ、
卵胞ホルモンによるの副作用を
抑えるためにあえて卵胞ホルモンを
含まない「ミニピル」と言うものも存在します。

 

ただこの黄体ホルモンのみの
「ミニピル」は日本国内の医療機関での
取り扱いがほとんどなくあったとしても
全額自費負担という扱いになります。

 

 

ピルの作用の違いは、
有効成分の量や黄体ホルモンの種類などで
変わってきます。

 

 

ですので、
ひとつのピルが合わなかった場合は
また別のピルを試してみる事を
産婦人科でも勧められます。

 

 

しかし、
この副作用が卵胞ホルモン由来の
副作用であればどの種類のピルを服用しても
副作用を無くすことはできないでしょう。

 

 

また肝機能に対する負担も
どのピルであっても避ける事は
できません。

 

 

ですので、
PMS(月経前症候群)を改善したいからと
医師のすすめを盲信するのではなく、
低用量ピルは自分の体と相談しながら
摂取してゆくことが大切です。

 

 

現在、
PMS(月経前症候群)の治療に
保険適用される低用量ピルは・・・

 

 

☆ヤーズ
☆ヤーズフレックス
☆ルナベルLD
☆ルナベルULD
☆フリウェルUD

 

 

この5種類です。

 

 

では実際的に、
PMS治療で保険適用される
低用量ピルの成分をそれぞれ
種類ごとに見ていってみましょう。

 

 

PMS治療に処方されるピルの成分とは?

 

 

☆ヤーズ

 

ヤーズに含まれる有効成分は・・・

 

 

黄体ホルモン「ドロスピレノン」3mg

 

卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」0.020mg

 

 

卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの
含有量は国内最低の0.02mgです。

 

 

そのため、
卵胞ホルモン由来の副作用である
むくみや吐き気などが少ない
低用量ピルであるといわれています。

 

 

また、ヤーズに含まれる黄体ホルモン
ドロスピレノンは薬効の強い最新の
黄体ホルモンです。

 

 

有効成分以外の添加物は、
乳糖水和物、トウモロコシデンプン、
ステアリン酸マグネウム、ヒプロメロース、タルク、
酸化チタン、三二酸化鉄、ポビドンが
含まれています。

 

 

 

☆ヤーズフレックス

 

 

ヤーズフレックスに含まれる有効成分は
ヤーズ同様の成分です。

 

 

黄体ホルモン「ドロスピレノン」3mg

 

卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」0.020mg

 

 

卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの
含有量は国内最低の0.02mgです。

 

 

そのため、
卵胞ホルモン由来の副作用である
むくみや吐き気などが少ない
低用量ピルであるといわれています。

 

 

また、ヤーズに含まれる黄体ホルモン
ドロスピレノンは薬効の強い最新の
黄体ホルモンです。

 

 

有効成分以外の添加物は、
乳糖水和物、トウモロコシデンプン、
ステアリン酸マグネウム、ヒプロメロース、タルク、
酸化チタン、三二酸化鉄、ポビドンが
含まれています。

 

 

 

☆ルナベルLD

 

ルナベルDLに含まれる
有効成分は・・・

 

 

黄体ホルモン「ノルエチステロン」1mg

 

卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」0.035mg

 

 

ルナベルに含まれる黄体ホルモン
ノルエチステロンはいちばん歴史が長い
黄体ホルモンです。

 

ですので臨床データも豊富で
安全性が一番確立された
黄体ホルモンであるといわれて
います。

 

また、
有効成分以外の添加物は、
無水乳糖、乳糖水和物、
部分アルファー化デンプン、
ステアリン酸マグネシウム
が含まれています。

 

 

☆ルナベルULD

 

ルナベルUDLに含まれる
有効成分は・・・

 

 

黄体ホルモン「ノルエチステロン」1mg

 

卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」0.02mg

 

 

卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールの
含有量はヤーズと同量の国内最低の
0.02mgです。

 

また、
ルナベルに含まれる黄体ホルモン
ノルエチステロンはいちばん歴史が長い
黄体ホルモンです。

 

ですので臨床データも豊富で
安全性が一番確立された
黄体ホルモンであるといわれて
います。

 

 

有効成分以外の添加物は、
無水乳糖、乳糖水和物、
部分アルファー化デンプン、
ステアリン酸マグネシウム
が含まれています。

 

 

☆フリウェルLD

 

フリウェルLDに含まれる有効成分は
ルナベルDL同様です。

 

 

黄体ホルモン「ノルエチステロン」1mg

 

卵胞ホルモン「エチニルエストラジオール」0.035mg

 

 

ルナベルに含まれる黄体ホルモン
ノルエチステロンはいちばん歴史が長い
黄体ホルモンです。

 

ですので臨床データも豊富で
安全性が一番確立された
黄体ホルモンであるといわれて
います。

 

また、
有効成分以外の添加物は、
無水乳糖、乳糖水和物、
部分アルファー化デンプン、
ステアリン酸マグネシウム
が含まれています。

 

 

 

PMS(月経前症候群)改善におすすめのピルは?

 

このようにPMS治療に処方されるピルの
成分量を比較してみると・・・

 

最新の副作用の少ない
黄体ホルモン「ドロスピレノン」と
国内最少量の卵胞ホルモンを含む
ヤーズかヤーズフレックスがいちばん
おすすめのPMS治療薬です。

 

 

1か月分の価格的に見ても、
フリウェル<ヤーズ<ルナベルLD<
ヤーズフレックス<ルナベルULD

 

1錠あたりの価格的に見ると

 

フリウェル<ヤーズフレックス<ヤーズ
ルナベルLD<ルナベルULD

 

ですので、
ヤーズは一般的にいちばんよく利用されている
PMS治療薬といえます。

 

 

しかしこのヤーズには…

 

死亡例も多数報告されている
重篤な副作用である血栓症が
あります。

 

 

さらに、
副作用が少ないといっても
副作用は存在しますし、
肝臓に大きな負担をかける
薬です。

 

ですので、
医師に勧められたからと言って
安易に低用量ピルを服用するのは
考えものです。

 

 

またPMS研究の先進国である
イギリスのPMS改善ガイドラインでも
ピルや向精神薬の服用の前に
体に負担の少ない有効成分の摂取が
推奨されています。

 

PMS ピル 成分,PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

ですので、
まずは自分の体調などと相談しながら
有効成分を試してみましょう!

 

 

私のピルでも改善しなかった
PMS(月経前症候群)を改善したのは
「エクオール」という最新成分です。

 

 

このエクオールは、
美女ホルモンとも呼ばれるエストロゲンを
補う作用があります。

 

 

この作用によって、
更年期障害やPMS(月経前症候群)などの
改善効果が期待されている有効成分です。

 

 

ですので、
もし私のようにひどいPMS
悩んでいる女性は
「エクオール」を試してみると良いですよ!