PMSにピルは効かない?

ドロスピレノンには血栓症の副作用が?

 

ドロスピレノン 血栓,PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

 

生理前のPMSがつらくて
「ヤーズ」を飲んでいるって
看護婦の友達に言ったら・・・

 

 

生理前のPMSなどの月経困難症の
治療に保険適用されるピル「ヤーズ」
ですが。。。

 

この「ヤーズ」に含まれるドロスピレノンって
すっごい危険な成分なんだよ!!

 

って聞いたんだけれど・・・

 

 

それって本当なの?
実際的にはどうゆう事なの??

 

そんな風に疑問に思っている女性も
多いのではないでしょうか??

 

そこで、
ドロスピレノンと血栓症の関連について
詳しくお伝えさせていただきます。

 

 

ドロスピレノンには血栓症の副作用が!?

 

 

PMS治療に保険適用されるピル
「ヤーズ」に含まれるドロスピレノンですが・・・

 

 

そもそもこのドロスピレノンとは
何かといえば副作用を低減した
最新の黄体ホルモンのひとつです。

 

 

そして、このドロスピレノンを含む
「ヤーズ」には死亡例の報告も複数ある
重篤な血栓症の副作用があるって
ご存知でしょうか??

 

 

この「ヤーズ」は
平成22年年に月経困難症治療に
保険適用され多数の女性に処方されている
医薬品です。

 

 

そこから数年のうちに
10代〜40代までの「ヤーズ」を
服用した女性に重大な副作用である
血栓症が発症し死亡に至るケースが
複数報告されています。

 

 

これらのケースのうち、
血栓症の発症リスクを上昇させる
喫煙や肥満・加齢・既往歴・家族歴が
ある女性は半数以下。

 

 

さらに血栓症を発症した時期は、
服用し始めてから1か月以内〜
1年半と広範囲の時期にわたっています。

 

 

つまり、
ヤーズの服用に加えてどういった要因が
血栓塞栓症を発症させる原因となるのかは…
不明なんです!!

 

 

ですので、
ヤーズを飲んでいる女性には
常に血栓症のリスクを心配して
いなければならないんです。

 

 

PMS(月経前症候群)を改善できても
それでは気が休まりませんよね??

 

 

血栓症のリスクかPMS改善か?

 

 

さらに血栓症のリスクがあっても
PMS(月経前症候群)を改善する
作用があるならば・・・

 

低用量ピルを服用する理由が
ありますが・・・

 

低用量ピルにはすべての女性の
PMS(月経前症候群)を改善する
効果はありません。

 

 

実際、
私もPMS治療でピルを
服用した事があるのですが・・・

 

全く効果を実感できませんでした。

 

 

そしてそういった低用量ピルでも
改善しなかったPMSを改善したのが
AMC社「エクオール+ラクトビオン酸
という有効成分でした。

 

 

このAMC社「エクオール+ラクトビオン酸」は
婦人科疾患の専門医と共同開発した
最新の有効成分を含む製品です。

 

 

ですので、
PMS(月経前症候群)を改善したいと
考えている女性は・・・

 

 

AMC社の
エクオール+ラクトビオン酸」を
おすすめします!!