PMSにピルは効かない?

PMS(月経前症候群)の水分貯蓄を改善したい!

 

月経 前 症候群 水分 貯留 改善,PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

 

生理前になると、
顔とか体とかがパンパンにむくんで
自分じゃないみたい(>_<)

 

 

いつもはいているサイズの服や靴が
きつくて入らなくなる。

 

 

パンパンにむくんだ顔じゃ
ばっちりメイクしても決まらない。

 

 

大切なイベントがあるのに
こんなにむくんでたら楽しめない。。。

 

 

生理前のそういったむくみや体重増加に
悩んでいる女性って多いですよね?

 

 

こういった生理前のむくみや体重増加の
原因となる水分貯蓄を改善する方法について
お伝えさせていただきます。

 

 

生理前の水分貯蓄の原因とは?

 

 

生理前の時期に、
むくみや体重増加などが起こる原因は・・・

 

 

生理前の時期に多く分泌される
女性ホルモンである黄体ホルモンの作用で
排泄機能が低下して水分が過剰に貯蓄
されてしまうためです。

 

 

これによって、
全身のむくみや体重増加だけではなく
過剰な水分貯蓄によって頭痛・腹痛
めまい・吐き気等の症状も引き起こされる
可能性があります。

 

 

たとえば、
頭部に過剰な水分が貯蓄されれば、
その水分で脳や血管、頭蓋骨関節などが
圧迫され痛みが起こります。

 

 

また、
内耳組織に過剰な水分が貯蓄されると、
平衡感覚を制御する機能に不調が生じ
めまいや吐き気、乗り物酔いをしやすいなどの
症状が現れます。

 

 

こういった生理前のつらい症状を
改善するには・・・

 

 

生理前に過剰に水分を貯蓄してしまう
要因となっている黄体ホルモンの過不足を
補うことが重要です。

 

 

こういった、
黄体ホルモンの過不足を補う成分として
知られているのが「チェストベリー」という
ハーブです。

 

 

チェスベリ―が水分貯蓄を改善する?

 

 

この「チェストベリー」は、
ただのハーブではなく・・・

 

 

黄体ホルモンの乱れを改善して
PMS(月経前症候群)の症状を
改善する効果をドイツの厚生労働省に
あたる機関で認められている成分なんです。

 

 

さらに、
日本国内でPMS(月経前症候群)の改善薬として
認可されている医薬品の主成分でもあります。

 

 

この医薬品と同量の「チェストベリー」を
配合したPMS改善薬が「ルナベリー」です。

 

 

この「ルナベリー」は、
初回500円(送料・税込)だけで
お試しできるんです。

 

 

全額返金保証も利用できますので
万が一体質に合わなかったり、
効果が実感できなくても損はしません。

 

 

生理前のつらいむくみなどの症状で
悩んでいる女性はPMS(月経前症候群)を
改善しましょう!