PMSにピルは効かない?

PMSに向精神薬(SSRI)は効く?

 

 

PMS SSRI,PMS ピル 効かない,生理前 ピル 効かない,月経前症候群 ピル 改善しない,

 

生理前の時期になると・・・

 

イライラしたり、怒りっぽくなったり
自分で自分をコントロールできなくなる。

 

 

それなのに、
急に落ち込んで意味もなく
涙が止まらなくなって・・・

 

 

生理前の情緒不安定で
家族や友達とか親しい人との
人間関係も悪くなってしまう。。。

 

 

もう私なんてここに存在しない方が
いいのかな〜って思う事も多い。

 

いっそ死んでしまえたら楽になるのに・・・
いつもそんな風に感じている自分がいる。

 

 

生理前の情緒不安定はPMS

 

こういった生理前の情緒不安定は
PMS(月経前症候群)や
PMDD(月経前不快気分障害)と
呼ばれる婦人科疾患の可能性が
高いです。

 

こういった精神症状が強い場合に
婦人科、心療内科、精神科を受診すると・・・

 

PMS(月経前症候群)を改善する効果が
期待されているSSRIなどの向精神薬を
処方される事も多いです。

 

 

 

なぜ、
こういったSSRIがPMS(月経前症候群)の
精神症状に効果が期待されているのかと言えば・・・

 

 

生理前のPMS(月経前症候群)の
精神症状の原因は生理前に分泌量が
増える黄体ホルモンという女性ホルモンが
深く関係しているといわれています。

 

この黄体ホルモンには、
別名幸福物質とも呼ばれる「セロトニン」の
働きを悪くしてしまう作用があると考えられて
います。

 

 

そして
PMS(月経前症候群)の精神症状の
改善に多く処方されるSSRIという向精神薬は
セロトニンを増やす働きがあります。

 

 

詳しく言えば、
SSIRは「セロトニン再吸収阻害薬」
とも呼ばれ体内のセロトニンが吸収され
代謝されてしまう事を阻害する
作用があります。

 

こういったメカニズムで、
PMS(月経前症候群)の精神症状に
SSRIなどは効果的だと言われています。

 

でも、
生理前のPMSの精神症状の
改善にこういったSSRIなどの
向精神薬が本当に有効か?

 

という事に関しては、
まだ確実性に欠け疑問を抱く研究者も
います。

 

 

向精神薬では根本的には改善しない

 

また、
もしセロトニンを増やすことで
PMSの精神症状が改善するとしても・・・

 

これは根本的な治療ではなく
頓服的な処方になります。

 

 

つまり、
根本的な要因を取り除かない限り
こういったSSRIを飲み続けなければ
ならないという事になります。

 

こういった向精神薬の脳や体に対する
影響はまだまだ解明されていない部分も多く
未知の部分もあります。

 

実際、
わたし自身精神科医のすすめで
このSSRIを服用した事があります。

 

その際に、
公表されている副作用にはない
副作用を医師に訴えたのですが、
「そういった副作用は報告が無い
勘違いだろう」と言われました。

 

 

しかしその数年後、
その薬に新たな副作用として
その副作用の記載が加わっていました。

 

 

それ以来、
私は医師のいう事を全肯定して
受け入れる事を辞めました。

 

 

医師はプロフェッショナルで
最新の情報を持っているけれど、
実際に全ての病に罹り副作用を
体験をしているわけではない。

 

 

医師の知識と、
自分で体験した実感を
照らし合わせた上で
どのように対処するかを
判断するようになりました。

 

 

そして私は、
現在PMS(月経前症候群)の
精神疾患の改善には向精神薬
ではなく・・・

 

PMS(月経前症候群)の精神疾患の
根本的な原因であると考えられる
女性ホルモンの乱れを改善する
有効成分を服用しています。

 

 

それは、
婦人科専門医と共同開発した
エクオール+ラクトビオン酸」という
有効成分です。

 

 

これは体に負担の少ない、
すべて食品由来の有効成分で
安心安全です。

 

 

でも、
ピルでも向精神薬でも改善しなかった
私のPMS(月経前症候群)を根本から
改善しました。

 

 

ですので、
PMS(月経前症候群)根本から
改善したいと考えている女性は・・・

 

 

ぜひこの「エクオール+ラクトビオン酸」を
強くお勧めします!!